中央の太陽は代表理事。周囲は小太陽。中央には、宇宙の根源神を表す無限大のマーク。小太陽のハートは、愛、調和、融和、スピリチュアル等の理念。太陽の背後には平和の象徴「オリーブの葉」です。

yamada.jpg

ホリスティックスピリチュアル医学研究会は、スピリチュアルをベースに医師とヒーラーが協力し合い、肉体的、精神的、霊的に病んでいる人々がより健康で、より幸せになれるような活動を行う為に発足しました。

ホリスティックスピリチュアル医学研究会の各先生方の講演や勉強会が開かれています。また、各地区で分科会も開催され、症例検討や会員相互の意見交換も行っています。

5.jpg

平成28年4月29日比叡山パワースポット巡りを行いました。 根本中堂の前での大きなたまゆら

パワスポ1.jpg

横川で天からのエネルギーをみんなで感じてみたひと時

2.jpg

龍脈はどこか、流れる方向、その範囲も感じてみる  
LinkIcon詳しくはブログで

当会の理念

古代社会では医療者は、病人の体だけではなく心や魂の治療も行っていました。
現代でも世界各地でシャーマンが医療行為をしている地域もあります。

私たち人間は本来スピリチュアルな存在です。
科学の発達によって体を医療者が診るようになり、心や魂は霊的な力のある宗教者や
ヒーラーが扱うように分かれてしまいました。

近年西洋医学の足りない所を代替医療や統合医療が補う形で発展し、
ホリスティック医学は人間を体、心、気、霊性を含めて総合的な存在だと言及していますが、
スピリチュアルな存在である私たち人間を体・心・気・霊性を含めて総合的に診断し、
治療できるシステムが現代医療にありません。

ホリスティックスピリチュアル医学研究会では、
スピリチュアルをベースに医師とヒーラーが対等な立場で協力し助け合い
肉体的、精神的、霊的に病んでいる人々がより健康で、より幸せになれるような
活動を行う為に2012年12月に設立、2014年2月に一般社団法人になりました。

体を治療する医師と心や魂を癒せるヒーラーが対等な立場で協力し助け合って、
人間を体、心、気、魂を含めて総合的に診断し、治療できる医療本来の姿を現代に取り戻したものです。

人間全体を診るシステムを作り、西洋の唯物論的な物質文明代表の医学と
東洋の霊的な精神世界を結びつける可能性のある試みでもあります。

ホリスティックスピリチュアル医学研究会の活動は、
研究会設立1年前に代表理事が開いたアガスティアの葉(5000年前南インドにいたアガスティアの聖者が書き残した個人の予言書)に書かれていました。
今後研究会の活動は東洋と西洋の融合、科学と精神の融合等、日本だけでなく世界の人々にとっても
大きな貢献ができると考えます。

分科会等お知らせ

大阪分科会
勉強会

平成27年度 総会 特別講演

入会について

当会への入会に際しては会員の推薦が必要です。詳しくは入会案内ページを参照ください。

一般会員
申込みについて
LinkIcon詳しくはこちらへ

表-a.jpg

平成29年5月21日
第6回特別講演会
LinkIcon詳しくはこちらへ

会報誌.jpg

会報誌Vol.1
詳しくはこちらへLinkIcon

hyoushi-2016.jpg

会報誌Vol.2
詳しくはこちらへLinkIcon